断熱施工

ハイレベルな検査とチェックリストで住宅診断を行います。

『ロハススタジオ』のリフォーム、リノベーション、新築では、すべてにおいて“パッシブ”という要素が取り入れられています。

 

 

パッシブ(passive)は、“受動的”という意味の英単語です。

 

 

ここでは、太陽の光や風などの自然エネルギーを効率よく取り入れることで、石油や電気といったエネルギーにできるだけ頼らずに過ごす家づくりのアイディアを指します。

 

 

例えば、夏には軒や庇で太陽の日射しを遮って涼しくし、冬には太陽光を室内に取り込むことで暖かくする方法です。

 

 

そして、庭に植えた広葉樹は、夏は繁った葉が太陽光を遮り、 冬には落葉して日差しを通します。

 

 

また、1階から2階へと立体的に風が流れる構造にすることで、家の中の風通しが良くなり、涼しく爽やかに過ごすことができます。

 

 

このように光と風の性質を上手く利用することで、一年を通して快適な環境を作ることができるのです。

 

 

さらに、屋根・壁・天井・床・窓など、外気に接するあらゆる箇所に、しっかりと断熱施工を施し、窓には高性能な断熱サッシを採用することで、外の気温に左右されず、温度差の少ない住環境が実現。

 

 

冷暖房にかかるエネルギー消費量を大幅に削減することが可能です。

 

 

「光と風」「断熱」「省エネ」「自然素材」「愉しむ」 という5つの要素を融合させたデザイン。

 

 

それが、ロハススタジオの“パッシブデザイン”なのです。

 

>>ロハススタジオ(LOHAS studio)公式サイトはこちら<<